テーマ:熊本県

阿蘇の旅 (2):地獄温泉

 平成26年12月5日  南阿蘇村地獄温泉へ行くには少し手前の垂玉温泉と共通の乗り合いタクシーが出ており、送迎を電話で予約した客に限り朝に温泉から下田城駅まで2便、夕に下田城駅から両温泉まで2便定時運行している。料金は400円、所要15分である。15:15発の夕方第1便でもう一人のお客さんと相乗りで地獄温泉に向かう。タクシーは急坂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阿蘇の旅 (1) : 白川水源

平成26年12月5日 (金) くもり一時小雪  宮崎県高千穂町で3日間を過ごし、帰途を同じルートもつまらないと思い、阿蘇を通り熊本から新幹線に乗ることにする。8時ホテル神州を出て、宿のご主人に車で高千穂バスセンターまで送ってもらう。8:31発の熊本空港経由熊本駅行きのバスに乗車、これを乗り逃がしたら大変なことになる。延岡始発のこのバス…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

天草の旅:キリシタン史跡

平成22年11月20日 (土) 晴れ  浜屋旅館の朝食付き2泊料金1万5百円を支払って天草観光に出かける。  天草定期観光バスは、土日祝日に限ってA,B,Cの3コースの運行がある。いずれも予約制で午前または午後の始発のおよそ半日のコースで料金は500円と格安である。(昨日のイルカ観光に行くために乗った定期バスですらおよそ40分の乗車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天草の旅:イルカウオッチング

 平成22年11月19日、天草でイルカウオッチングができるというので見物することにした。観光パンフレットを見て午前中に予約の電話をした。何業者かあるらしく、1軒目は、この日の午後は相客がいないということで断られ、一番大手らしい天草イルカインフォーメーションを紹介された。そこへ電話(0969-26-4500)すると2時半出港の便の予約が取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天草の旅:石橋めぐり

天草の旅に先立って、天草がどんな所か私なりに把握しておきたいことを記す。 天草の地勢  天草は人が住んでいる島およそ九つ(私が数えたもの)から成っている。九つのうち七つの島は橋でつながっており、九州本土とも結ばれている。他に八代海の中には九州本土の熊本県宇土市に属する島と鹿児島県に属する島がある。島の中では天草下島が最も大きく、次い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天草への船旅

天草への船旅   平成22年11月18日、熊本県宇土半島の先端、三角駅に降り立った私は、駅のすぐ前の三角港から船で天草へ渡ることにした。九州本土と天草の主要な島はすでに橋でつながっており、船便は主要な交通手段ではない。しかし、俗に天草五橋と呼ばれるこれらの橋を船上から見たくて船を選んだわけだ。三角から天草の中心、本渡へ行く船は1日4便…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石造アーチ橋のこと

 長崎の眼鏡橋はわが国最古の石造アーチ橋として、1634(寛永11)年架けられたが、これを架けたのは中国人の僧である。長崎の中国寺、興福寺の第二代住職 黙子上人であり彼の銅像が眼鏡橋のそばに建っている。同じく中島川の桃渓橋も1679(元禄10)年、中国人の僧 卜意(ぼくい)が在留唐人たちに寄付を募って架けたものと言う。    ことほ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more