テーマ:世界遺産

静岡県の旅:世界文化遺産・韮山反射炉

反射炉全景(全部で4基あるのだが鍵の手に建っているので2基は隠れて見えない) 平成27年10月1日 (木)  曇り  修善寺温泉の見物を終えて、世界文化遺産・韮山(にらやま)反射炉と重要文化財・江川家住宅を見るべく、再び伊豆箱根鉄道の客となり伊豆長岡駅に下車する。両施設とも駅から徒歩範囲にはなく、バスも不便でタクシーを利用す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩手県の旅:世界遺産・平泉中尊寺

平成24年5月29日 (火) 曇り  平泉へ向かうため、花巻駅8:45発の普通列車に乗る。途中、水沢駅で貨物列車の追い越し待ちのため7分間停車する。旅客列車が貨物列車に追い抜かれるために停車するなんてあるのかと驚く。9:33平泉駅に着く。  駅からは毛越寺(もうつうじ)まで広い観光通りを15分ぐらい歩いて行く。 毛越寺  毛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉野の桜 (3)

 平成23年4月12日、吉野山の桜を見に再訪した。平成18年4月17日以来5年ぶりである。平成18年の探訪記は、昨年(2010年)4月このブログで 「吉野の桜(1)、(2)」 として発表したとおりである。今回は写真を加え、前回の文章と重複する部分はできるだけ省いて綴りたい。  4月12日という時期は、吉野の桜としてはやはり少し早か…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

沖縄ひとり旅:沖縄本島南部

平成16年4月22日 (木) 晴れ  6:37起床。那覇国際通り、三越横のスターバックスコーヒー店で朝食を済ませ、宿近くのオリオンレンタカーで軽四を借り、7:20沖縄本島南部の観光に出発する。  車を借りるとき運転免許証を提示したところ、店員が警察が発行する無事故無違反証を見つけてこれがあると3割引になると言い、料金が12時間406…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄ひとり旅:那覇・首里城公園

平成16年4月21日  宮古空港レストランで、ゴーヤチャンブルー定食で朝食を済ませ、8:50宮古発、9:35那覇空港に着く。空港からは昨年開通の沖縄初の鉄道、ゆい(結)レールという名のモノレールに乗り、沖縄随一の繁華街、国際通りの牧志駅に16分で着く。駅から徒歩2分、国際通りから路地を30m入った、古びた「あづま旅館」に旅装を解き、正…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

島根県の旅:世界遺産・温泉津を歩く (2)

登り窯  温泉街を抜けて坂道を15分ぐらい歩くとやきものの里に出る。道の傍にはやきものの里会館があり、温泉津焼が展示即売されている。  温泉津焼はもともと水がめや土管の生産が中心だったので、上下水道の普及で今は寂れてしまった。かっては温泉津港から全国各地へ出荷されていたが、今は三窯が残り花器や日常食器の生産でかろうじて命脈を保ってい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

京都・葵祭 考

 好天に恵まれた平成22年5月15日、京都の葵祭を見物した。7月の祇園祭、10月の時代祭とあわせ、京の三大祭と呼ばれる祭である。日にちは5月15日(雨天順延)と決まっている。  祭の起源は567年、飢饉が起こるのは賀茂の神々のたたりと言われ、天皇が勅使を遣わし神社の境内で競馬(くらべうま)をしてこれを鎮め、五穀豊穣が成ったこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉野の桜 (2)

 今、吉野山にはシロヤマザクラを中心に3万本の桜があるという。誰が数えたか知らないが、江戸時代摂津の豪商が1万本寄進した記録があるようだから、それくらいはあるのだろう。千本もあれば優に桜の名所となるというのに、それが3万本もあるのである。  蔵王堂を出て、さらに土産物屋の並ぶ緩い坂道を行く。少し脇道に入ったところに吉水神社があり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉野の桜 (1)

平成18年4月17日 (月)  7時10分、目覚めると快晴。吉野へ桜を見に行きたいと思いながら日を決めかねていたが、お天気がよいので急に思い立つ。20代の頃吉野の桜見物をしたことはあるが、もう一度見ておきたいと思ったのだ。  四日市発9:10の近鉄特急で行く。八木、橿原神宮で乗り換え、近鉄阿倍野線11:00発の吉野行に乗る。橿原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more