テーマ:遍路

四国くるま遍路の旅(3):善通寺・丸亀城

平成14年12月27日 75番札所善通寺と戒壇巡り  8:00宿料8925円を払って一富士旅館を出る。宿から700m離れた駐車場に車を置いて早速参拝する。四国一の霊場だけあって境内も広く堂宇も広壮、山門、五重塔も立派である。他の札所との格式の違いを感じる。本堂では内部に入って大きな薬師如来を仰ぎ見ながら読経する。大師堂でも中に入って…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

四国くるま遍路の旅(2):讃岐路(続き)

平成14年12月26日  大興寺(67番)、雲辺寺(66番)  今朝は相当冷え込んだらしく、車のフロントガラスには霜が張り付いていた。7:40宿を出てすぐ横の大興寺を参拝する。ここは本堂内に納経所があるのが珍しい。弘法大師が種をまいたと伝えられる樹齢1200年のカヤの大木があり木肌が荒々しい。  次いで8:47に雲辺寺ロープウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四国くるま遍路の旅(1):伊予・讃岐路

 昨年(2010年7~8月)、土佐歩き遍路の旅(平成13年12月)の様子をこのブログで記したが、この遍路旅の後、腰椎圧迫骨折を起こし、いよいよ歩き遍路は無理となる。平成14年12月くるま遍路に切り替え、四国88カ寺のうち残り29カ寺を完拝すべく踏み切った。 内子と屋根つき橋  平成14年12月25日  くるま遍路の旅は愛媛県内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歩き遍路土佐路:遍路を終えて

歩き遍路を終える 平成13年12月26日(水) 晴れ  宿で、椿油と前夜出された芋餅がおいしかったので土産に買う。椿油は、宿の主人が実を採取し搾油したもの、ラベルも貼ってないポリ容器に入っている。用途は髪油と思っていたが、やけどには特効の由、このほか、痔、アトピー性皮膚炎、肌荒れ防止、筋肉痛にも効き、少量なめると血液の循環も良くなる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歩き遍路土佐路:足摺岬から延光寺へ

足摺岬東岸を歩く 平成13年12月24日(月・休日) 晴れ  8:04金剛福寺前より歩きを開始。今日は打ち戻りコースをとることにする。打ち戻りとは、37番札所から38番金剛福寺へ向かった同じコースを39番札所へたどることをいう。  歩き始めてすぐ、天狗の鼻という景勝地へ寄り道する。再び椿の木で覆われたトンネルをくぐる。椿の若木は早…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歩き遍路土佐路:須崎から足摺岬へ

須崎から中土佐町へ 平成13年12月22日(土) 晴れ  6時起床。1泊2食6千円の勘定を払い7:18分宿を出る。スタートから入江の入り組んだ浦ノ内湾沿いにくねくねとした県道23号を歩く。俗に横浪三里と呼ばれ丁度12kmの風光明媚な海沿いの道である。  宿を出て間もなく高知県水産試験場に出会う。道路に向かって、身障者用トイレあ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

歩き遍路土佐路:青龍寺をスタート

はじめに   私は、平成11年3月から三泗(さんし)友の会という十数名の仲間と共に歩き遍路を始めていた。これまで5回の遍路を終えたところで、平成12年12月30日、腎臓病のひとつネフローゼ症候群にかかり即日入院、翌年4月13日退院、その後自宅静養となり仲間との二回の旅を逸してしまった 。  近年、遍路というものに興味は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more